見る?診る?

治療のこと

こんにちは。武内です。今日は診療に使っている道具について書こうと思います。

細かいものを扱う仕事はたくさんあります。歯科診療も細かい作業を行う仕事です。歯科特有の事情としては口の中のある部分を見たいからといって、取り出していろいろな方向から見るということができないことです。奥歯を見ようと思ってもまず光が届きません。暗いです。そして、頬や舌が視界を遮ります。奥歯の根の穴を見ようとするなら、根の穴の大きさは0.1mm位なので、さらに困難です。

  • 明るい状態にしたい
  • 小さいものを大きく見たい

そこで、このようなものを使って診療しています。

僕は眼鏡をかけているのですが、結構度の強い眼鏡でプラスチックのレンズですが、超軽量!とはいかないです。以前眼鏡にくっつけるタイプのライトを使っていましたが、そこそこ重いのと、どうしても下向きの姿勢を取るので鼻の付け根や耳の後ろが痛くなってしまいました。

そんな折、ある展示会でこれを見つけました。ライトとバッテリーを頭で支えることができるので負担がかからず、見た目に反して安定しているので下を向いてもずれたりしません。また、拡大鏡もついているので肉眼で見にくかった所も見やすくなりました。そして、ちょっとライトを消したいときや拡大鏡が邪魔な時は

ワンタッチで拡大鏡とライト部分を跳ね上げることができるので、従来のものだと着脱が手間でしたがこれは簡単です。

肉眼で外部のライトでもある程度は見えます。しかし、細かい部分をしっかりと診ようとしたときにはただ見えるだけでは不十分です。特に根の治療をするときには肉眼で見えないところまで確認しようと思ったら、頭上の明かりと肉眼では絶対に見えません。それでは診察はできませんよね。

昔はLEDなんてものは無かったので、便利になったと思います。新しいものがいろいろ出てきますがすべてを取り入れることは難しいですが、情報のアンテナは常に張っておきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました