う歯?虫歯?むし歯?

日常

本日養老町のある会議に出席しました。

その会議の中で、ある委員から「資料の中にう歯という言葉がありますが、むし歯のことですか?」と尋ねられました。

そうですよ、と答えましたが、言葉の違いがどこから来ているのかを調べてみました。

う歯とは


う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌糖質から作ったによって、歯質脱灰されて起こる、の実質欠損のことである。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕された歯は、う歯(一般的には虫歯)と呼ぶ。う蝕が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩と呼ぶ。

Wikipedi

う蝕に罹患した歯のことをう歯といいます。この”う”歯の”う”は漢字で書くと

と書きます。画数の多い難しい感じですね。この漢字を調べてみると、


「齲」の部首・画数・読み方・意味など
部首
歯 齒 (は・はへん)
画数
24画
音読み


訓読み
むしば
意味
むしば。侵食された歯。
むしばになる。歯が痛む。


漢字辞典オンライン

この漢字1文字でむし歯の意味のある漢字でした。漢字で「齲歯」と書くと「むし歯の歯」ということで「頭痛が痛い」みたいで変ですが、ひらがなで「う歯」と書くよりわかりやすいですね。

虫歯とむし歯

一般的には齲歯よりこちらの虫歯のほうが馴染みがありますかね? かつては漢字標記である「虫歯」を一般的に使用してきましたが、子供たちが「むしばは虫が歯を食べることでできる」と誤解を招く恐れがあることから、ひらがな標記の「むし歯」を使用するように関係団体がにも統一した見解を求めてきていました。 しかし、新聞や書籍・雑誌では「虫歯」の表記が見られます。 マスコミ関係者が標記の参考にする「日本新聞協会発行の新聞用語懇談会の辞書」に漢字標記である「虫歯」がまだ掲載されているからです。 今後は改善されていくと思われますが、まだまだ時間が掛かりそうです。

いろいろある「なぜ虫歯と言うのか」の語源

そもそもなぜ齲歯のことを虫歯をいい始めたのでしょうか。この語源にはいろいろな説があります。

  • 昔から日本人はさまざまな病気の原因を「虫」のせいにしたという説
  • 虫が「むしばむ」というところから「虫歯」になったという説
  • 虫が食ったように歯に穴が開くことを、虫歯というようになった説
  • 虫食い状態のようにボロボロになるので虫歯と呼ぶようになった
  • 「うし」がなまって うし→むし になったという説

よくないことを虫のせいにしておこう、というようなことみたいですね。齲歯の齲という漢字は 「歯」+「禹」と書きますので、この「禹」は 古代文字の「九」と「虫」とを合わせた文字で、「九」は、身を折り曲げた竜の象形。「虫」は、もともと蛇や竜などの爬虫類の意味でしたが、字をそのままとって虫の歯で虫歯と言い出したのかもしれないですね。

当たり前だと思っていたことも調べてみると知らなかったことがいろいろ出てきました。新たな気づきがあったいい会議でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました